最近よく聞くSDGsって何?取組みもあわせて

最近よく聞くSDGsについてそもそも認識が足りていなかったので、自分なりに調べたため備忘としてまとめた。

そもそもSDGsってなんなのか?

Sustainable development goalsの略称であり、日本語だと持続可能な開発目標という意味。

2015年9月に国連で開かれたサミットの中で世界のリーダーによって国際社会共通の目標として決定された。

2015年から2030年までの長期的な開発の指針として、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択され、この文書の中核を成す「持続可能な開発目標」をSDGsと呼んでいる。

つまり2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標ということ。

SDGsでは17のゴール・169のターゲットから構成され、世界中の全てのステークホルダーに対して、隙なく達成するものとしている。

SDGsは、2000年に国連のサミットで採択され、8つのゴールを掲げていたMDGsに代わる新たな世界の目標として定められた。

どんな項目があるのか?

先ほど17のゴールと記載したが、明確には以下の様な項目が存在する。

世界中で話題になるような社会課題をテーマに掲げた項目が挙げられている。

SDGsで達成する17の目標1

SDGsで達成する17の目標2

SDGsで達成する17の目標3

どんな取組みがあるのか

アート引越センター

アート引越しセンターでは引越しの際に使う梱包資材を削減し、少しでも資源の節約を行うため、リ・ユース資材をはじめとして食器などの梱包の際に紙資源を使わずに梱包できる「エコ楽ボックス」を開発し、運用。地球温暖化や資源枯渇、廃棄物などの問題を改善解決できるよう取り組みが行われている。

NEC

食料の分野ではAIを活用した需給最適化プラットフォームを導入し、在庫や生産、発注の最適化や資源の効率化を行い、バリューチェーン全体での食品ロスや廃棄の削減にも取り組んでいる。

三菱電機株式会社

使用済み家電のプラスチックを再び家電へ利用すると取り組みや、ビルを丸ごと省エネ化することで低酸素社会への貢献を行っている。

SMBC日興証券

気候変動の緩和や適応等地球環境の保全に対しての取り組みとして日本発の環境関連ファンド「エコファンド」の設立

個人でできること

  • マイボトル・エコバッグを持ち歩く
  • 環境に配慮した認証マーク入りの商品を買う
  • 地産地消を心がける
  • フェアトレード商品を買う
  • 「赤い羽根募金」などに寄付をする
  • 食材を子ども食堂に寄付する
  • 徒歩や自転車で通勤・通学する
  • お年寄りに声かけし、健康状況を尋ねる
  • 水道の蛇口をこまめに止める
  • 油を流しに流さないで拭き取る
  • 風呂水を散水や洗濯に再利用する
  • 太陽光発電などを導入または出資する
  • カーボンオフセット旅行を申し込む
  • いじめや差別をしない、させない
  • ハンデのある方を見かけたら、援助する
  • 家具の転倒防止や防災グッズを用意する
  • まちの清掃・防災活動などに参加する
  • 電気をこまめに消す、使用時間を減らす
  • エネルギー使用の少ない調理をする
  • CO2排出の少ない交通手段を使う

あとはSDGsに関することを世の中に広がるように声に出したりして共有することも重要。

参考

SDGsの概要及び達成に向けた日本の取組(PDF)

SDG Compass SDGs の企業行動指針—SDGs を企業はどう活用するか—

SDG目標別の個人・家庭でできる取り組みの例

Tags